カテゴリ:医療機器について( 3 )

血管シーリングシステムを導入しました

※お知らせ

★パピーパーティ 12月20日(土)14時~15時 ¥1000/匹 ※要予約

★年末年始休診日 12月30日(火)午後~1月3日(土)休診日
         ご迷惑をおかけしますが宜しくお願い致します



こんにちは、看護師の山本です^^


昨日は風も強くて、とっても寒かったですね
もうすぐ、クリスマスにお正月・・・
体調を崩されないようお気をつけ下さい!♡


今日は、最近当院で導入した“血管シーリングシステム”を
ご紹介しま~す
d0224555_9572289.jpg



手術では、組織や血管を結ぶのに縫合糸を使います
その為、縫合による麻酔時間の延長、術後に体内に縫合糸が残ってしまいます。
安全性の高い縫合糸を使っていますが、
稀に身体が縫合糸に反応して、縫合糸反応性肉芽腫という病気を引き起こします

この血管シーリングシステムでは、
これらのデメリットを軽減しより安全で確実な手術をより短時間で行うことが出来ます!♡

1.シーリング4秒
d0224555_952588.png




2.シーリングが終わった血管をそのまま切断
d0224555_9523594.png


d0224555_9531180.png

わずか、数秒で終了です^^
避妊去勢手術はもちろん、リスクの高い手術、高齢動物の手術も
この血管シーリングシステムがあると飼い主さんも安心ですよね


以前、避妊手術をしたももちゃん♡
d0224555_953406.jpg


ももちゃんもこの血管シーリングシステムを使いました


手術前には院長から動画を見ながら詳しく説明があります!
手術当日、いつもと違う雰囲気に動物たちもドキドキ・・・
飼い主さんも可愛い我が子の手術にドキドキ・・・
飼い主さんの不安が少しでもなくなればと思います


さて、年末は病院もお休みです!
体調の悪い子は、はやめに連れてきてあげて下さいね
[PR]

by peace-vs | 2014-12-19 09:54 | 医療機器について | Comments(0)

小型動物用ICU装置 Dear M10導入しました

桜の花が開くこの季節、当動物病院に新たな仲間(医療機器)が加わりました003.gif

d0224555_1110469.jpg

小動物用ICUDear M10です027.gif

動物用ICUとは???
そのままですが『動物用集中治療室』のことです。

この装置を付けたケージ内では
温度や湿度、酸素濃度のコントロールおよび
動物の呼吸で蓄積したケージ内の二酸化炭素を自動で排出してくれます。


適応としては
・手術前後の酸素化
・心不全や呼吸器疾患などで起こる低酸素血症の改善
・熱中症での高体温
など

春とはいえ未だ寒さも残り、季節の変わり目は動物も体調を悪くする事も多く有りますので
勿論使わないことに越した事は有りませんが、有事の際には大活躍してくれるでしょう049.gif


ピース動物病院 獣医師 成田和博
[PR]

by peace-vs | 2013-03-28 11:30 | 医療機器について | Comments(0)

医療機器について①  ~グアムからの贈り物~

 今回は動物病院内での検査に必要な医療機器について少し触れてみようと思います027.gif


d0224555_17284216.jpg

上の機器が眼圧計(トノペン・ベット)・・ぶどう膜炎の診断や緑内障の診断に役立ちます
下がヘスカ社の犬猫用手持ち尿屈曲計です・・人用の物では犬猫で正確な数値が出ない事もあります



 実はこれらの品は、今年の4月末に羽曳野市で開業予定(病院名はアイリス動物病院です)で僕の友人でもある中村獣医師がグアムに旅行・・・004.gif もとい、医療機器の購入と海外薬の購入の目的でグアムに訪れた際に便乗して買って来て貰ったもの達なのです034.gif

 なぜ日本で買わないの?となりますが、実は医療機器の中には海外でしか購入できないものや、まったく同じものでも海外で購入した方が安価であるなど様々な理由があるからなのです。

特に眼圧計なんて・・・(全く病院サイドの話ですね、失礼しました040.gif

 というわけで、動物病院ではこれらの物を駆使しつつ日々診療にあたっているのです066.gif
これらはほんの一部の物でまた機会があれば、『あれ何やろな?』という機器類の紹介もしていきたいと思っています。

 最後になりますが、これらの物を『ヒーコラ007.gif』言いながら、遠くグアムから大阪にまで運んで頂いた中村獣医師とH獣医師に心よりの感謝を述べさせて頂きたいと思います。

    『本当に有難うござました!』

ピース動物病院 獣医師 成田和博
[PR]

by peace-vs | 2011-03-20 18:00 | 医療機器について | Comments(0)