2011年 04月 16日 ( 1 )

劇的 ♥ before aftter

こんばんは、成田・クリステル・和博です。

今回は、犬の玩具(おもちゃ)に関してのブログを書いていきたいと思います。

診察中に、飼い主様に良く聞かれる質問で『どんな玩具を与えたらいいですか?』という質問が
多いように思います。

その質問にQ&A方式でバスバス答えていこうというのが今回の趣旨です。

先ず犬の玩具の定義として、

①犬は玩具を噛んで遊びます。玩具で無いものも噛んで自分の玩具にしてしまいます

②玩具は歯および歯肉、口腔粘膜、舌に損傷を与える物は向いていません。

③噛みちぎって誤って飲み込んだ際に胃腸に問題を起こすような物もだめです。

④たとえ少量でも中毒を起こすものも勿論だめです。

⑤与えっぱなしではなくて、飼い主様も玩具を使い一緒に遊ぶ事が大切です。

⑥犬も加齢していきます。加齢とともに歯や歯肉も弱ってくる事も多いのでデンタルケアも大切に。


大まかすぎますが、これらの事が満たせる玩具が理想的だと思われます。

・・・はっ005.gif 全然Q&A方式じゃない!!!


例えば当院の看板犬のお気に入りはこれです

d0224555_22234370.jpg




そして使用後は・・・

d0224555_2226711.jpg

かなりの使用感がでていますね。うっすら毛まで付いています。


この商品の肩を持つわけではないのですが、先程述べた理想的な玩具の定義を幾つかは満たせていると思います。

もちろん、その犬の性格や生活環境によっても適している玩具の種類も変わってくるでしょう。

大切なのはその子を守るための必要最低限の知識は持ちつつ数多ある玩具の中からその子に合う玩具をあきらめずに探していくことだと思います。

投げっぱなしパイルドライバーな説明になってしまいましたがおわかり頂きましたでしょうか?

具体的にどんな玩具がええねん? その質問の答えはCM・・・

もとい診察室でお話しましょう006.gif



ピース動物病院 獣医師 成田・滝川・和博
[PR]

by peace-vs | 2011-04-16 22:38 | 犬のしつけ | Comments(2)