会陰ヘルニアのお話

 台風と梅雨前線の影響で凄い雨でしたね、雨の中来院して頂き飼い主様には頭の下がる思いです042.gif

 今回の病気のお話は、『会陰ヘルニア』のお話。

 ヘルニアと言えば「椎間板ヘルニア」が一番思い浮かべる事が多い様に思いますが、実は多種のヘルニアが有って、臍ヘルニア、鼠径ヘルニア、腹壁ヘルニア、横隔膜ヘルニアなんてものも有ります。

 ちょっと難しいですがヘルニアの定義は、「大網や脂肪組織、子宮や腸管などが体の先天的もしくは後天的の欠損部、裂隙を通して本来有る場所から脱出した状態」と清書に有ります。

 端的に言うと、体の「穴」から脂肪や臓器が出る病気です027.gif

 で、今回のお話の会陰ヘルニアに戻ります。
d0224555_9113378.jpg

写真では分かりづらいですが、肛門の右側が大きく膨れているのがわかりますか?

 このコは目立った症状は無かったのですが、視診・触診で肛門右側の腫脹があり直腸検査も行い、右側会陰ヘルニアと診断したトイプードル君です。

 ちなみにこの病気、未去勢の雄犬君に多い病気で雄性ホルモン(アンドロゲン)に関連して起こるとも、遺伝性に起こるとも言われていますが発生原因自体は確定されていません。

 飼い主様と相談し診断してからも暫く経過をみていたのですが、徐々に会陰ヘルニアが大きくなり、且つ直腸診で右側直腸の拡張とそれに伴った軽度の宿便も認められたため今回手術を行いました。

 もし、そのままにしておくとどうなるのか?多くの症例で見られる症状はしぶり便秘です。
骨盤部の筋肉が裂開(←コレが会陰ヘルニアの始まり)してしまう事により直腸が伸びてしまい、伸びた所に便が貯まる。
便が貯まると肛門の脇が膨れてしまい、便を出そうとして又しぶるという悪循環を引き起こしてしまいます。

 また、筋肉の裂け目に腹部臓器の膀胱が入り込んでしまうと排尿異常、尿失禁、まれですが尿路が閉塞してしまう事により腎不全を引き起こしコレが原因で亡くなってしまう事も有ります007.gif

 会陰ヘルニアは自然治癒する事は有りません、姑息的に便を柔らかくするお薬を飲む事により便秘を一時的に解消もしくは緩和させる事はできてもそのままにしておくと病態は進行して行きます。
そのため、会陰ヘルニアの第一選択の治療法は外科的手術によるヘルニア整復術となります


d0224555_9184443.jpg

 切皮後に皮下脂肪、周囲筋肉とヘルニア孔から出ている腹腔内脂肪を分離、重要な動脈神経を分離しヘルニアのタイプを判別した所、尾側会陰ヘルニア腹側会陰ヘルニアで有る事が分かりました。

 周りの筋肉の状態を確認し、今回は内閉鎖筋転移術という骨盤の筋肉を使う方法によりヘルニアを閉じました。ヘルニアのタイプや直腸の状態、周囲筋肉の状態によっては他の術式やプロリンメッシュなどの人工材料を使い孔を塞ぐ事も有ります。
d0224555_924883.jpg

↑の絵では仙結節靭帯に糸と通していますが、実際には外肛門括約筋、尾骨筋、内閉鎖筋で孔を塞いでいます

d0224555_9262696.jpg

↑全部塞ぎ終わった所(イメージです)、写真では分かりづらいので。

d0224555_9243819.jpg

↑実際の写真。ややショッキングなので加工してありますが、上の写真とほぼ同様に縫い合わせています。ヘルニア孔の閉鎖には3-0プロリン(非吸収糸)を使っています。

 患者のプードル君も10歳と高齢ながらも大きな手術と麻酔も乗り越え問題なく手術は無事終わりました。その後数日たちましたが合併症もなく一安心です。ただ、再発率が約20%あると言われているのでまだ暫くは気は抜けません029.gif

 最後に繰り返しになりますが、会陰ヘルニアは自然治癒する病気では有りませんし、進行性の病気です。中高齢でオスの去勢をしていないワンちゃんの飼い主さんはワンちゃんが肛門周りが膨れていないか? 排便の際時間がかからないか? よくチェックしてあげて下さい。

 また、会陰ヘルニアと性ホルモン(アンドロゲン)との関連性も言われているので、発生率を下げる為に若い時期での去勢手術も当院ではオススメしています。



        東大阪市  ピース動物病院  獣医師  成田和博

 
[PR]

by peace-vs | 2012-06-22 10:20 | 病気の話 | Comments(0)